スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験を控えた質問スキル

私の英語教室の生徒である宏樹くん(仮名)は、中学2年の途中から学校に行けなくなってしまいました。
残念ながら、私の教室へもお休みがちになり、3年生になる前に、とうとう教室をやめてしまいました。
その後、高校入試を控えた中学3年の秋、なんとか高校へは行きたいと、英語教室に戻ってきました。

それでも、学校の授業を約1年半受けていないことで勉強にかなりの遅れがあり、意欲的になるには程遠い状況でした。

私ができることは、宏樹くんにとって居心地のよいフィールド(空間)を共につくることだと思い、英語を教える合間にいろいろな質問をし、彼の話を聴きました。

What do you want? 
高校に入ったら何をしたい?
大人になったら何をしたい?何になりたい?

What stops you?
何が勉強をすることを止めているの?

いつから、この状態?
宏樹くんにとって、リソースフルな状態(やる気満々、楽しい、心地よい状態)ってどんな時?
学校へ行くのが面倒くさいっていうのは体のどこの部分?
それは、どんな形?色?なんて言っている?

入試までの3か月くらいでしたが、私はいろいろな質問をし、彼と話をしました。
次第に彼は私に心を開き、自分から話をするようになり、英語の学習にも意欲的に取り組むようになりました。

結果的に、無事高校に合格して、晴れて高校生となりました。

あれから1年半が過ぎ、先日、久しぶりに宏樹くんのお母様にお会いしました。
彼は高校2年になり、なんと、学校での成績は学年1位ということです!
今では、「中学の時の分を取り戻す!」と言って、自ら楽しく予備校に通っているとのことでした。

当時の宏樹くんからは、想像もできません。

お母様は、「あの時、千葉先生にみてもらったおかげです。今のような、前向きな息子の姿が見られるなんて夢のようです。」とおっしゃってくださいました。
高校に進学し、環境が変わったということも影響があるとは思いますが、あの3か月間が、宏樹くんが大きく成長するための基盤にはなっていると思います。
スポンサーサイト

失敗は無い、そこには学びがある

成功者と呼ばれる人達は自分の夢に向かって前進しトントン拍子に夢を手に入れたかというと必ずしもそういうわけではありません。彼らの道のりには様々なチャレンジがありました。

“ウオルト・ディズニー”は、ある新聞編集長から解雇を言い渡されました。「彼は想像性に欠け、良いアイデイアを持っていない」という理由です。ディズニーはディズニーランドを建設する前に何回も倒産を繰り返しました。カリフォルニア州のアナハイム市は「遊園地は下層市民を寄せ付ける心配がある」という理由でディズニーランドの計画を却下しました。

“アルバート・アインシュタイン”は4歳になる迄話しが出来ませんでした。字を読めるようになったのは7歳になってからです。親は彼の事を「知力の低い子」と思い先生からは、「非社交的、知恵が遅れていて夢の世界を漂っている存在」と評価され、学校を退学になってしまいました。

漫画「スヌーピー」の作者である“チャールズ・シュワルツ”は高校の卒業アルバムに幾度も自分の漫画を投稿しましたが、ボツになりました。

Decca Records社は“ビートルズ”とレコード契約をしませんでした。当時の驚くべき評価は「彼らのサウンドは好きじゃない。ギターグループはすたれるだろう。」との判断でした。

1960年代にレグ・ドワイトという歌手がオーディション会場から「時間の無駄」という理由で放り出されました。その歌手は今“エルトン・ジョン”として活躍しています。

もし彼らが諦めたり、途中で「失敗した」と夢を投げ出したりしていたとしたらどうなっていたでしょう。あの世界規模の夢は実現しなかったでしょうね。彼らもきっと私達同様に落ち込んだり、がっかりしたこともあるでしょう。でも夢と希望を持ち、前進し続けました。

私達にはいつでも選択肢があることを知っていてください。失望を選択できると同様に希望も選択できるということです。「失敗は無い、そこには学びがある」

このNLPの前提があれば失敗と思える体験があなたの成長の肥やしになってくれます。
そしてあなたを支えてくれる「ビリーフ」があれば逆境も乗り越えることができます。

成功、豊さを手に入れたいと思っているあなた
制限のビリーフを力づけのビリーフに変えましょう!

生き残った人がこれまで以上に頑張るしか無い

2010年の秋に家族でロンドンに転居し、慣れない土地での暮らしや習慣の違いなど、戸惑いが多い日々を送っていました。

その中で、友人に話を聴いてもらったり、問題をNLPスキルのエクセレントサークルや、ビジョンタイムラインに投入する事で本当に心が落ち着きました。

元気になり始め、お母さんの為のNLP勉強会でも始めようと思っていた矢先、東日本大震災が起こりました。

故郷の南三陸町が崩壊し、丸3日過ぎてやっと衛星電話で母の声を聞けた時、心から安堵しました。

被災地に帰郷した時は映画でも見ているような不思議な感覚でした。でも確実に"現実"がそこにはありました。私もできる事でお手伝いしようと思い、チャリテイー募金やロンドンの子ども達からの手紙を地元の小学生に届けたり、ボランティアの方から預かった不眠解消のCD等も配布しました。私はラポールを大事に、寄り添い、共感することを心がけました。

自宅で3日間、孤立状態だった看護師の友人が言った一言、「 生き残った人がこれまで以上に頑張るしか無いっちゃ」 が、今でも私の心に残っています。

先日、同僚を亡くした友人と話をしたら声が明るくなっていたので本当に嬉しかったです。

さて話はロンドン生活に戻ります。去年、急に引っ越しをし、息子が転入した現地の小学校は2年生までしかありませんでした。そこで、7歳の息子が急遽、受験をすることになりました。

息子は、初めは「いやだ~。解らな~い!」と泣いて、すぐさじを投げていました。私はそこで学ぶ内容をチャンクダウンして彼に習慣づけること、肯定的な言葉を意識しながら何度も励ましたり、問いかけをしました。

すると息子の意識が変わってきました。まだまだ波はあるものの、自信もついてきたようです。算数や思考力の宿題を「僕、得意だから、全部今この問題できる、やっていい?」と週末の宿題も金曜日の夜ですませるようになりました。

今、私は英語のレポートに四苦八苦しながら、以前から興味のあった催眠を学んでいます。
こちらで暮らしている母親達の悩みを聴く機会も増えてきました。
たくさんの人のサポートがありここまできました。
私も成長し続け、貢献できる範囲をどんどん広げて行きたいと思っています。

自分のマップを書き換える

私は、主治医から「きみの心身症は、休職期間を終えても復職できない」と言われていました。

ですがこの病気をNLPのおかげで治すことができ、主治医の予言を覆して復職し現在約1年勤務を続けることができています。
 
私はもともと仕事が好きでしたが人間関係はとても大変な職場だと考えていました。

幼少から剣道、水泳、バスケット部と勝負ごとが当たり前のような環境で育った私は何でも勝ち負けで考える思考パターンがあったようで話をする時にも真っ向勝負をして勝たなければと考えていました。

NLPを学び、「勝負をして勝たなければ!」という考えが職場での人間関係で、自分に大きなストレスを与える原因になっているということに初めて気がついたのです。

現在は相手の意見を聴き、相手の肯定的な意図を考えるようになり相手の意見を理解した上で、自分の意見も話せるようになりました。

そのおかげで、病気になる前よりも幸せな気持ちで仕事を続けることが出来ています。全く同じ環境なのに楽しく通っています。

振り返ってみれば、病気を治すだけでなく、人との関係が良くなり職場だけでなく、家庭でも関係が良くなっているのです。自分の物の見方や、対応方法、人間関係を変えることで人間関係が難しいと考えていた場所を楽しめる場所に変えられることを知りました。

それは、自分のマップを書き換えることが出来たからだと思います。それまでの私のマップが私にとっても「しんどい」マップになっていたので病気という形で私に教えてくれていたのです。

最近、家庭でかなり緊張することが起きました。子どもが「学校に行きたくない。」と言い出し、不登校になりかかったのです。

まず、子どもが本当にしたいこと、得たいことは何か、学校で何が起きているのか上手く質問をして話を聴き、子どものおかれている状態が悪いことに的確に気づきました。

夫婦で子どもに寄り添い、子どものケアと学校への連絡が迅速にできサポートすることができました。

問題解決した経緯の中で、子ども自身が「難しい子との関わりが出来るようになった」という自信を持つことができ、楽しく学校に行くようになったのです。

この一件は、私たち夫婦がNLPを学ぶことにより子どもに対してもいい影響が出ていると感じられた一件です。

私は、今でも上手くいかない自分のパターンがあれば次回は違うパターンで試そうと考えたり、相手の肯定的な意図は何か、と考えるようにしています。

今後もNLPを学び続けて、たくさんの肯定的な変化を作り続けていきます。

小学生にもNLPを

syougakkou.jpg
「だれかがまちがえても、おこらないで、やさしくおしえてくれる先生でよかったです。」

「最初に、『みんなは英語の赤ちゃんだから、分からなくてもいいし、間違ってもいいんだよ!』って言ってくれたので、英語が大好きになりました。」

「ぼくの良いところをいっぱい見つけてくれました。」

「『日本語で言ってもいいよ』って言ってくれたのがうれしかったです。」

「答えが分からなかった時、側に来て小さな声でゆっくり教えてくれたのが、『すごくやさしいなぁ』と、思いました。」

「歌って、踊って、ジェスチャーして英語をやるところが、すごくわかり易くて楽しかったです。」

上記は、この3年間、市内小学校に英語の授業を行ってきた生徒の皆さんから頂いたお手紙の一部です。 

読んだ時、「私が伝えたいメッセージを心に留めていてくれたんだ」と、目頭が熱くなりました。 

こんなに純粋で素敵な子ども達の「英語が好き」だけでは無く、一人一人持っている「好き」や「得意」が向日葵の様に天に向ってグングン育つ場が増え、家庭や学校にもどんどん広がる事を私は願っています。 

「好きこそモノの上手なれ」と言われるように、人は、好きで興味のあることなら多少の困難に出会ったとしても、乗り越えられるものです。
 
今は少々頼りなかったり、たどたどしかったとしても、「好き」の種さえ心にあれば、子ども達は自ら伸びたい方向に成長していくものなのです。

私はいつか、「コミュニケーション授業」を小学校で教えたいと思っています。NLPを小学生が知れば、いいと思っています。

授業はこのような内容です。

*相手の話を遮るのではなく、よく聴くこと
*相手の違いを馬鹿にするのではなく、違いを認め合うこと
*相手の良いところを言葉にして伝えること
*困った時に一人で悩むのではなく、相談し、助け合うこと

私は、一人一人がそれぞれに持っている「好きの種」が育ち、人との信頼関係を築くことができ、互いの心がボールのように弾む、生き生きした子ども達を増やしていきたいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。