スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生にもNLPを

syougakkou.jpg
「だれかがまちがえても、おこらないで、やさしくおしえてくれる先生でよかったです。」

「最初に、『みんなは英語の赤ちゃんだから、分からなくてもいいし、間違ってもいいんだよ!』って言ってくれたので、英語が大好きになりました。」

「ぼくの良いところをいっぱい見つけてくれました。」

「『日本語で言ってもいいよ』って言ってくれたのがうれしかったです。」

「答えが分からなかった時、側に来て小さな声でゆっくり教えてくれたのが、『すごくやさしいなぁ』と、思いました。」

「歌って、踊って、ジェスチャーして英語をやるところが、すごくわかり易くて楽しかったです。」

上記は、この3年間、市内小学校に英語の授業を行ってきた生徒の皆さんから頂いたお手紙の一部です。 

読んだ時、「私が伝えたいメッセージを心に留めていてくれたんだ」と、目頭が熱くなりました。 

こんなに純粋で素敵な子ども達の「英語が好き」だけでは無く、一人一人持っている「好き」や「得意」が向日葵の様に天に向ってグングン育つ場が増え、家庭や学校にもどんどん広がる事を私は願っています。 

「好きこそモノの上手なれ」と言われるように、人は、好きで興味のあることなら多少の困難に出会ったとしても、乗り越えられるものです。
 
今は少々頼りなかったり、たどたどしかったとしても、「好き」の種さえ心にあれば、子ども達は自ら伸びたい方向に成長していくものなのです。

私はいつか、「コミュニケーション授業」を小学校で教えたいと思っています。NLPを小学生が知れば、いいと思っています。

授業はこのような内容です。

*相手の話を遮るのではなく、よく聴くこと
*相手の違いを馬鹿にするのではなく、違いを認め合うこと
*相手の良いところを言葉にして伝えること
*困った時に一人で悩むのではなく、相談し、助け合うこと

私は、一人一人がそれぞれに持っている「好きの種」が育ち、人との信頼関係を築くことができ、互いの心がボールのように弾む、生き生きした子ども達を増やしていきたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。