スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は伝えたいと思っていたけれど伝えていなかったこと伝える

'本当は伝えたいと思っていたけれど伝えていなかったこと伝える'ことを実行してみました。

昨年、お婆さん(私の義母)が亡くなり、自分の趣味に時間を費やし過ごしている88歳のお爺さん(私の義父)に「いつも留守番ありがとう!」「チー(愛犬)ちゃんと遊んでくれてありがとう!」「元気でいてくれてありがとう!」と感謝を伝えたのです。

そこから、私自身のアウトカムについても伝えながらお爺さんのアウトカムについて一緒に考えました。NLPではアウトカムが大切ですよね。

nlp.jpg


「呆けずに元気に楽しく100歳」とお爺さんが自分で言った後、涙で目が潤んでいました。

日頃は傾聴姿勢ではありますが、多忙を理由に私からの会話は短く用件のみで、あまり感謝の言葉を伝えていませんでした。

改めてお爺さんの寂しさに気づき、食事の時と寝る前に必ず会話することを心がけました。

本当の感謝の言葉は、感謝している者とされる者、双方を幸せにする魔法の言葉であり、心の奥深くから温かい思いが込み上げてきて自分も涙が出てしまいました。

お爺さんは私だけではなく夫にも良く話すようになり家の中で、自分にできる事を考えて実行し、私に評価を求めて来るようになりました。「ありがとう」の一言が、お爺さんにとって次のアウトカムの達成につながっています。

結婚後、午前中休むことが多くなり笑顔が減った部下のことが気になっていました。

「どうしたの?」と声をかけてみました。

何がそうさせているのかをカリブレーションしながらラポールの形成に努めたところ彼女が「仕事から帰宅し、掃除に家事を一生懸命にやっているので疲れてしまい朝起きることができないんです。母親も共働きで、完璧に家事と仕事を難なくこなしていました。自分もそうしなければ駄目なのに…」と話し始めました。

「ご主人はなんて言っているの?あなたのことを認めているところはどんなところ?」と語りかけながら、彼女に言葉に出してもらいました。

そして彼女が今日一番したいこと、望んでいることが出てきました。

「心を込めて食事を作り、夫と楽しく会話しながら食べることです」

私は「設定したアウトカムの成果を私に話してね」と彼女に伝えました。

翌日、彼女が「最近、余り夫と話していなかったけど、昨日は時間を気にせず久しぶりにゆっくり話しをする事が出来ました」と笑顔で報告してくれました。

後日、彼女から「やりたい事とできる事が必ずしもイコールにならないこと。

やりたい事とできない事がどうしてもイコールになってしまうこと。

そんな状況って多々あるのだなと改めて実感している」と少し諦め顔で話してくれました。

彼女の今の気持ちを聞き、彼女が本当のアウトカムを言葉に出しやりたい事とできる事がイコールになるよう、リソースアンカリングや行動のモデリングについてシートを参考に自分が体験した実習を振り返りながら現在も見守りながらサポート続行中です。

NLPの仕事でのいかしかた

会社のIR(投資家向け広報活動)部門は、会社の業績や中期的な戦略を投資家である金融機関のアナリスト、ファンドマネージャーに対してプレゼンテーションをする仕事です。

30歳を迎えてから「人に成長のきっかけを提供できるようになりたい」と思い、コーチングを学び、仕事とは別に、知り合いにコーチングを行うようになりました。そして、さらにスキルを高めることを目的にNLPを学び始めました。現在もNLPを活かしたコーチングを行っています。

仕事においてはNLPを活用し、成果に結びつける場面が増えてきました。私は年間、100件前後の投資家とのミーティングを行っています。

1時間前後のミーティングの中で簡単なプレゼンテーションを行い、相手の質問に答えながら、会社についての理解を深め、興味を持ってもらう必要があります。

IRの仕事をして4年経っているということもありますが、特にNLPを学んだここ2年間は、投資家の反応も良く、充実したミーティングを持つことができています。

初対面の方が3割ほどで、最初は緊張していらっしゃいますが、ミーティングを進めていくうちにリラックスして笑顔の場面が増え、積極的に質問をしていただけるようになります。ミーティングが終わるころには、「また会って話を聞いてみたい」と言って下さいます。

2回目、3回目と定期的にお会いする方とは、関係性が出来ているため、安心してミーティングに入っていただき、雑談を交えて楽しい時間を過ごすことができます。

ミーティングの進め方を振り返ってみると、多くの場面でNLPを活用していることに気づきました。

相手とのラポールを構築するという面では、ペーシング、ミラーリング、バックトラッキングはもとより、自らの意見や体験を自己開示していくことで、相手のパーソナルな情報を引き出します。

そして2回目以降にお会いする際には、前回お話いただいたパーソナルな情報について、雑談に取り入れて行くようにしています。

プレゼンテーションを行う場合は、相手の代表システムに合わせて言葉遣いを変えたり、資料や写真を多く用いるなどといった工夫をしています。また、質問に答える時には、相手の意図した質問以外に、相手の幅を広げるような回答を心がけています。

今後も、定期的に振り返ることにより自らの仕事でのパフォーマンスを向上するだけでなく、後輩にもこういったスキルを伝えていきたいと思います。

自分の可能性

あなたは、何があなたの心を動かし、何がモチベーションとなっているのか、そしてどういう時に自分がやる気をなくしてしまうのか、知っていますか?

あなたが、決断して行動した時、そして目的を達成した時、それはどんな時でしたか?
その体験を思い浮かべてみてください。
・うまく行ったことは何ですか?
・その時あなたは何を大切にしていたのでしょう?
・何があなたを支えてくれましたか?

では、あなたがやろうと思ったけれど、あきらめてしまったことは?その体験を思い浮かべてみてください。
・あなたはなぜあきらめたのでしょうか?
・行動しなかったとしたら、それはなぜですか?

シンプルですが、この質問への答えも100人100通りです。

そして、あなたは自分のコミュニケーションのパターンを発見します。

NLPでは、この質問に答えながら、あなたの心の中におきる反応、表現の方法、など、あなたのモチベーションを高めるコミュニケーション方法を様々な角度から発見してゆきます。

NLPを体験しながら、あなたが今までとってきたコミュニケーションのパターンを知り、あなたを無意識に止めるあなたのストッパーを明らかにしてそれを外し、あなた自身の可能性を広げていく。

「自分のことは、自分が一番よく知っていると思っていましたが、パターン化された自分の発想、自分の人生に気づきました。自分の中からこんなにもたくさんの可能性が出てくるなんて!びっくりしました。」参加された方の声。

あなたは、どれだけ自分のことを知っていると思っていますか?
そしてどれくらい自分の可能性を信じていますか?

もし、自分の知らない可能性を発見したら、あなたの未来はどのように変わるでしょうか?

あなたのビジョンは、あなたを勇気づけ、ビジョンの達成に向けてあなたの果たす役割はあなたの人生を支えてくれる力になります。あなたが困難に出会った時でも、あなたのビジョンは、あなたが立ち戻る場所になります。

・3年後、5年後の自分のビジョンを、より明確にしたい方
・自分の潜在的な可能性の扉を開き、自分のそして相手のモチベーションを高めたい方
・頭ではわかっているけどなかなか行動できない方
・人前でもっと自由に自己表現し、さらに質の高いコミュニケーションを創り出したい方

NLPを通して、ご自分の可能性の扉を開く時間をつくりませんか?

一ヶ月、アフリカに旅行に行けたい

1か月旅行に行けるならアフリカに行きたいです

フリースクールでもNLP

フリースクールに入校する生徒は、前籍校で生徒の存在価値を認められていないケースが多く、不登校の場合は「学校へ行けない自分はダメな人間である」というアイデンティティーを持っています。

また、保護者はどこかで「わが子はダメな子どもである」と思っている事が多く、自分達は「親失格」と落ち込んでいることが多々あります。私のスクールでは、生徒さんのケアはもちろんですが、そういったダメージを受けている保護者のケアに取り組んでいます。

A君がスクールに来たのは、高校1年生の1学期です。すらっと背が高く、中学校時代はスポーツ部のキャプテンをしていて、人なつこい笑顔が素敵な青年でしたが、対人恐怖症がありました。

A君はお父さんの事を「怖い」と言い、家では目も合わせず、食事も一緒にすることもなく、避けているということでした。

お父さんのお話しでは、A君に対して幼い頃から意味もなく暴力を振るってきてしまったそうです。
A君が不登校になってから、自分の行動に問題があったと気づき、お父さん自身とても反省し、変わりたいと思っておられるようでした。

お父さんは自分の父親が酒飲みで借金だらけで家業を継ぎ、借金を返すために大変な努力をしていたにもかかわらず、家で幼いA君が無邪気に笑っていると無性に腹が立ち、暴力を振るってしまったと言っていました。

毎朝、仕事に出る時に「ゾゾッ」と何かを失ってしまう様な不安感があることを話し始めた時に、私は「これだ」と思い、その不安感を源にリインプリントのエクササイズを行いました。

リインプリントによって、お父さんは小学校低学年の時に戻りました。図工で自分が作った作品を友達に横取りされた上、友達の作品として発表され先生からとても褒められている友達を見て、とても悔しく悲しかった体験が呼び起こされ、お父さんは号泣されました。その時に決めたビリーフは、「大切な物は執着心を持たなければ失ってしまう」ということでした。

リインプリントが終わり、お父さんはスッキリと楽な気持ちになりました。
そして、「大切な物への執着心」を息子のA君に対して持っていることに気づきました。
A君のことを自分の思い通りの素晴らしい作品にしなければいけないと思っていたのです。
「息子は自分の作品ではない、尊厳を持った一人の人間である」とお父さんの意識が変わりました。

お父さんは、翌朝から「ゾゾッ」という不安感が消え、息子を一人の人間として尊重するようになりました。
目も合わせず、会話も出来ない息子とバイクの二人乗りをしたい、と思い、お父さんは古くなっていたバイクをピカピカに磨きました!

その思いが叶い、お父さんの背中にしっかりとつかまってバイクにのって風を切る、父子での二人乗りが実現したのです。今では、ツーリングが二人の楽しみになっています。そしてA君は、高校卒業を目指して、頑張っています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。